コロナ対策特設ページ

成田空港 ハイヤー/タクシー
コロナ対策特設ページ

当社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策、
成田空港へのお迎え方法等詳しくご説明いたします。

厚生労働省

厚生労働省のホームページで基準を満たす
ハイヤー会社として紹介されました。

詳しくはコチラ

コロナ 最新News

06月30日   自主隔離(待機)中、誓約内容を 1日4000人が違反 

2021年4月に厚生労働省の手がけるCOCOAの不具合が発覚して3ヶ月、オリンピックの開催も迫り水際対策はどのような感じなのでしょうか?


調査によると自宅やホテル等における自主隔離(待機)期間中返答が定められている位置情報アプリOEL、ビデオ通話MySOSについて応答が無い帰国者は1日4000人ほどいるという。


その件について当社のハイヤーの常連様に問いかけてみると『私はある会社の経営をしているが、こんなやり方じゃあ皆ついてこんよ。馬鹿正直な人しかやらん。税金の無駄遣い、そんなら隔離ホテルの拘束日数を増やした方が絶対いい。
又は罰則をしっかり決めるとか・・・もっとビシッと心に響くことやらんと!!

1日に何回か通知が来てポチっとボタンを押すだけ。ビデオ通話もなんだあれ。やる気あんのか?
プロフェショナルの会話じゃない』など厳しい声が寄せられた。

実際SNS上では抜け穴の情報が堂々と公開されていて現在においてもその方法は恐らく通用する。


我々ハイヤー会社にとっても物凄く今回は残念なニュース。というのも帰国者様が入国してから到着ロビーに出てくる所要時間において最も予測できないのがアプリをインストールする時間なのです。


ドライバーは待機料金無料で待っています。そのアプリが世の中のお役になってないと聞くと正直残念でなりません。

しかし国の政策が批判されるのは世の常。厚生労働省が、コロナの猛威に打ち勝つ水際対策を見出してくれることに期待します。

このページの先頭へ