コロナ対策特設ページ

成田空港 ハイヤー/タクシー
コロナ対策特設ページ

当社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策、
成田空港へのお迎え方法等詳しくご説明いたします。

厚生労働省

厚生労働省のホームページで基準を満たす
ハイヤー会社として紹介されました。

詳しくはコチラ

成田空港 百珍圖が素晴らしい☆

成田空港 百珍圖

成田空港第1ターミナル出発階に突如現れた【成田空港 百珍圖】

出国ゲート南側側面に描かれていて人目につかない場所でひっそり佇んでいます。

中央口の目立つ場所にドォーンっと描かれていてもいいのですが、『江戸っ子は裏地に拘る』じゃありませんが、設置場所にも趣を感じますね。

出国ゲート南側面にはNAAとITOKIが出国前の快適なワークスタイルを可能にするために開設したシーティングスペースがあります。


知る人ぞ知るビジネスマンの憩いの場です。

ちょっと一息、背伸びし時に【成田空港 百珍圖】に気づき何かを感じる・・・。

日本国の誇りを胸に大空へと羽ばたき、世界で大義を成しとげていただきたい。












近づいて絵をじっくり見てみると美術の専門家でなくてもその仕事の素晴らしさを実感できる名画

素人が美術館に行って絵画をみても中々その素晴らしさを理解できないことはよくありますね。


この成田空港 百珍圖はパッと見た時に引き付ける魅力があり、更に覗き込めば込むほど楽しめる作品です。



飛行機が描かれている右側の作品は鳥瞰図-ちょうかんず-(上空から斜めに見下ろしたような形式のものをいう。 飛ぶ鳥の目からみたように見える、というのが鳥瞰の語義。)で描かれています。

鳥瞰図に飛行機を組み合わせてしまうユーモア溢れる遊び心が素晴らしいです。


飛行機は現代のジェット機からコンコルド、水上旅客機、ロッキードP38をモチーフにした機体も登場します。


西洋の遠近法を無視した、”近いものは前、遠いものは後ろ”ド平面が特徴の日本古美術を多く取り入れ、飛行機やターミナルの内部まで見渡せる3次元空間の演出にも成功しています。

更に江戸、明治、昭和、現代、未来の「人」「建物」「物」がバランス良く描かれていて「時間」という4次元の世界も想像できてしまう面白さがあります。


あまり話すとネタバレと言いますか、筆者の主観を念頭に見ることになってしまいますので。

作品を拡大した写真もあるのですがあえてUPするのは控えます。

是非貴方の感じたままの心を大切に・・・生の作品をご覧になって下さい。


第1ターミナル出発階、の印付近に描かれております。

このページの先頭へ