成田空港 ハイヤー/タクシー
コロナ対策特設ページ

当社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策、
成田空港へのお迎え方法等詳しくご説明いたします。

厚生労働省のホームページで基準を満たす
ハイヤー会社として紹介されました。

詳しくはコチラ

特に注意が必要な検査項目、書類

コロナ検査方法

令和3年3月19日以降、入国時の書類審査が厳格化されました。特に注意すべき項目をお伝え致します。
検査書類が日本人を含む全ての帰国者は、入国時に出国前72時間以内の検査証明書を所持しない場合検疫法に基づき、日本への上陸が認められません。

出発国において搭乗前に検査証明書を所持していない場合には、航空機への搭乗を拒否されます。


当社のハイヤーをご予約いただいたお客様の中で検疫終了後ハイヤーに予定通りご乗車いただけない理由が検査証明書の不備です。

日本政府が許可している検査方法は多数ございますが当社がお勧めしているのはPCR検査です。



また医師によってはフォーマット書類の記入漏れも多数報告されております。重ねてご注意下さい。


最近、殆どの国際空港でPCR検査ができるように整えられております。【成田空港でもできます。PCRセンター】

非常に高額です。また最短2時間で陰性証明書を発行可能なようですが、混雑時には4時間ー6時間所要し、飛行機に乗れなかったとの報告も受けております。

十分お気をつけ下さい。

誓約書、質問票も事前に用意しておいて下さい。

誓約書、質問票は当日でもさほど時間はかかりませんが、事前にご用意しておくことをお勧めします。


【誓約書】
大まかに以下を誓約を求められます。
●14日間の公共交通機関の不使用
●14日間の自主隔離
●位置情報確認アプリを導入
誓約に違反した場合検疫法に基づき停留措置の対象になり得る他氏名や感染防止対策 に資する情報が公開され得ることと記載があります。

こちらのページから事前に印刷可能です。


質問票

WEB版 質問票より回答し、QRコードを作成してください。QRコードはスクリーンショットまたは印刷し、検疫時に提示をしてください。

記入方法はこちら

WEB版 質問票はこちら

検査証明書の発行日時は入国日の3日前ではなく、フライトの72時間前!!

フライトの72時間前

出国前検査証明書はお客様がご搭乗いただくフライト時間の72時間前です。

ご注意ください。

※書類不備になりますと厚生労働省指定ホテルにて再検査を受けることになります。

●変異株流行国からご帰国された帰国者様は3日後と6日後
●それ以外の国は3日後





2021年4月19日 アメリカから到着した20代の女性が、検体の採取から出国までに72時間以上がたっていたため、アメリカに送還されました。

時間に関してはくれぐれもご注意願います。

アプリは事前にインストールしておくと検疫の所要時間が大幅に削減できます。

アプリは事前にインストール

誓約内容にある位置情報の提示を求められる関係上スマートフォンにアプリのインストールが必須になります。
検疫手続きの際にスマートフォンを所持していない場合、自己負担で空港内の携帯ショップでレンタルすることとなります。
スマートフォンをお持ちの方は事前に下の表にある4つのアプリをストア内で検索しインストールしておくことで当日スムーズに検疫を通過することが可能です。

小さいお子様は液体の唾液を出せるように練習をお勧めします。

検体採取方法は唾液による抗原検査ですが、しっかりとした液体を出す必要があります。唾液に泡が混じるとやり直しになります。

特に小さいお子様で唾液が上手く出せない場合はPCR検査に変更になります。その場合検疫の所要時間が倍必要になります。

このページの先頭へ